landscan

landscanimage01

アメリカ国防省とエネルギー省の技術が提供する

唯一の人口動態データ

 LandScanは全世界をカバーする人口動態データです。アメリカ国防省の管理する「セツルメント・マッパー」という人工衛星のセンサーから取得した情報をエネルギー省のオークリッジ研究所が独自の解析を行ったデータで、地球全域を30秒(約1㎞)のメッシュでくくり、そのエリアに何人の人口があるか表示するものです。

 国別のセンサスは未だに帳票方式であることや、大半の国では信頼に値する人口を含めた調査が実施されていないのが現状です。それを考えると、このLandScanは唯一の人口データとなります。しかも毎年変化分を反映した更新データが提供されます。

poyan-lake
landscan-syria

蓄積されたアーカイブデータ

-空間分析の要に使う

 LandScanは2000年から公開されてきています。現在では2013年の14年分のデータがアーカイブとして提供可能です。人口の変化によってその地域で何が起きたのか?空間解析によるさまざまな事象には人口の把握が不可欠です。それに寄与できるのはこのLandScanにほかなりません。河川の汚濁原因や社会学的な大きな変化まで、今までのアプローチではつかみきれなかったことがLandScanの活用で可能になることも多くあるかと考えます。

事例:都市温暖化の解析に寄与するLandScanデータ
東工大神田教授の事例紹介⇒GIS NEXTの記事